09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

冬日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

フリーデア 

「Free」 + 「idea」

意味:自由な考え
    思いついたことを自由に話し合う場

例: 今日の打ち合わせはフリーデアで 


なんとなく思いついた言葉。
ブレインストーミングよりわかりやすくないかなぁ。
2012/02/18 Sat. 12:57 | trackback: 0 | 本文: 0edit

スレートPCとタブレットPC 

スレートPCもタブレットPCもほぼ同義で、タッチパネルで操作可能な携帯可能PCのことですが、
そもそもの言葉の意味がちょっと気になったので調べてみました。

タブレットとは、「tablet」平板、銘板
スレートとは、 「slate」石版(昔、ノート代わりに使われた板)

どちらも同じような意味なんですね。
まさに「ノート」の代わりとしてのPCがなんでしょう。

近い将来、学校のノートといったらスレート端末(タブレット端末)に代わっていくのでしょうか。
2012/01/27 Fri. 00:12 | trackback: 0 | 本文: 0edit

HadoopとBigdata 

「Hadoop」ってなんぞやということで、関連ワードをちょっと調べてみました。

「Hadoop」とは、Googleが開発した複数台のマシンを利用してテラバイト~ペタバイトといった
超大容量データを扱うためのオープンソースの高速分散処理ソフトウェア。

この大容量データは、「Big Data」呼ばれていますが、少しまとめてみると...

「Big Data」とは、OracleやMYSQLなどの通常のデータベース管理システム(DBMS)で取り扱うことができない
とてつもなく大きな(big)データ(data)のこと。


そのままですね。

 Big Dataの例:
      音声、映像、ログ、統計、etc...
      Youtubeの情報やら、掲示板やブログの情報といった定性情報も対象みたいですね。


世の中には、情報と呼ばれるものが溢れているためそれらをどうにかビジネスに活用しようというのが
「Big data」というものの台頭を招いたそうで、これから耳にする機会も増えてくるのでしょう。
2012/01/27 Fri. 00:04 | trackback: 0 | 本文: 0edit

PHPの設定(実行時エラーの出力) 

PHPの設定関連でのメモ

■設定ファイル:php.ini
(Linuxなら /etc/php.ini 、 Windowsなら C:\WINDOWS)


実運用中に実行時エラーが出るととても困るため、
通常は、エラーがでない設定になっています。

開発しているときなどに実行時のエラーをHTML内に出力させる場合、
diplay_errorsを有効にする必要があります。

 display_errors = On

また、error_reportingを設定して、エラーの出力レベルを設定します。
こちらも忘れずに。
 
 error_reporting = E_ALL
 ※E_ALLで全てのエラーを表す。 
  他にも E_ERROR → エラーのみ表示。 E_WARNING → 警告のみ表示 なども。

設定後はWebサーバーを再起動します。



「 注:設定したけど表示されないことがあるのは? 」

キーワード検索するとコメントアウトされている似たような部分がひっかかります。
(各項目の意味や書き方がかいてあるだけですが)
もし、コメントアウトを外してしまうと、

「ファイルの上の方」
   diplay_errors=On
「ファイルの下の方」
   diplay_errors=Off

となったりして、結局エラー出力されないという場合も起こりえます。


設定したつもりだけど、エラーが出力されない場合は、以下のように調べると確実です。

 「行頭にdiplay_errors」がある行だけ検索」
  # grep '^display_errors'  /etc/php.ini

2012/01/14 Sat. 20:15 | trackback: 0 | 本文: 0edit

『すべからく』 の使い方 

なんか最近よく耳にする「すべからく」について

■ 元々は漢語 「須」 から
 用法:「すべからく~べし」
 意味:~すべきである(need to)


■ 現代では、「全て(all)」の意味で用いられている。

現代の用法は本来全くもって誤法ではありますが・・・
もうこっちの意味でいいんじゃないかというくらい使われていますね。
古典を学んでからこの言葉を知った身としては甚だ気になる言葉ではありますが、
現在の使われ方を先に聞くと特に違和感もないのではないでしょうか。


古語と現代語ははからずも食い違いが出ておりますが、
他の言葉だとそういうものだと受け入れる人も多いですし、
「須らく/須く」もこうやって多くの人に受け入れやすい意味に変わっていく過渡期なんでしょう。


もう「~すべきである」と「すべて」の2つの意味を持つ言葉として認識してればいいという感じですね。


とはいえ、意味を誤解されやすいので、使用する側としてはあまり使うべきではない言葉かもしれません。
目にした所で誤用だと突っ込むのも果てしなく野暮というものです。
2012/01/07 Sat. 23:26 | trackback: 0 | 本文: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。