09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

冬日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

PHPの設定(実行時エラーの出力) 

PHPの設定関連でのメモ

■設定ファイル:php.ini
(Linuxなら /etc/php.ini 、 Windowsなら C:\WINDOWS)


実運用中に実行時エラーが出るととても困るため、
通常は、エラーがでない設定になっています。

開発しているときなどに実行時のエラーをHTML内に出力させる場合、
diplay_errorsを有効にする必要があります。

 display_errors = On

また、error_reportingを設定して、エラーの出力レベルを設定します。
こちらも忘れずに。
 
 error_reporting = E_ALL
 ※E_ALLで全てのエラーを表す。 
  他にも E_ERROR → エラーのみ表示。 E_WARNING → 警告のみ表示 なども。

設定後はWebサーバーを再起動します。



「 注:設定したけど表示されないことがあるのは? 」

キーワード検索するとコメントアウトされている似たような部分がひっかかります。
(各項目の意味や書き方がかいてあるだけですが)
もし、コメントアウトを外してしまうと、

「ファイルの上の方」
   diplay_errors=On
「ファイルの下の方」
   diplay_errors=Off

となったりして、結局エラー出力されないという場合も起こりえます。


設定したつもりだけど、エラーが出力されない場合は、以下のように調べると確実です。

 「行頭にdiplay_errors」がある行だけ検索」
  # grep '^display_errors'  /etc/php.ini

スポンサーサイト
2012/01/14 Sat. 20:15 | trackback: 0 | 本文: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。