08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

冬日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

ドラクエ10 今日から使える豆知識 

ドラクエ10を始めて早1ヶ月。
従来のドラクエ風味を保ちつつも過去作品とは違う点も多く
新たな発見が毎日のようにあります。
せっかくなのでちょっとした豆知識をまとめてみたいと思います。
※バージョン1.04bでの仕様です。


■生活編

☆アイテムに1ボタンを使うと買値と売値がわかります。
 何に役立つかは言うまでもないですが一応秘密。

☆毒状態の場合HPが1になるとそれ以上HPは減りません。
 安心して闘いましょう。

☆つよさでサポート仲間の契約残り時間がわかります。
 なお、契約時間が切れた時に戦闘中だと戦闘終了後に去っていきます。
 最後にアロエ鬼とかと戦うとちょっとだけ契約違反

☆1ボタンで表示されるマップ画面の右下は現在のゲーム内の昼夜を表しています。
 もうすぐ夜が明けるなどわかるため、夜行性モンスターを狩るときなどの参考に

☆Bボタンで文章を一瞬に表示することができます。
 忙しい方向け


■モンスター編

☆基本的にモンスターは後ろに目がありません。
 後ろや横にいれば近くにいても404。

☆モンスターの背後から接触すると不意打ちしやすくなります。
 逆にプレイヤーの背後から接触されると不意打ちされやすくなります。

☆接触したモンスターの周辺に違う種類のモンスターがいると
 紛れ込むことがあります。極端に強い敵が近くにいる場合はご注意を

☆ちいさなメダルは自分より弱い敵でも落とします。
 強い敵の方が落としやすいそうですが正確には不明です。
 弱い敵を早く倒したほうが単純に出やすくなるので、
 あまり意識する必要はなさそうです。
 取得率などは偏るものなので、出ないときは出ません。

☆戦闘中コマンドが表示されるとの視点の上下変更ができませんが、
 2ボタンで撮影シーンにすると変更可能です。
 

■キラキラ編

☆一度に拾えるのは40箇所まで(40個や80個ではありません)
 1箇所に2個あるところを周ると財宝ザクザク。

☆アイテムがいっぱいの状態でキラキラを拾おうとすると拾えません。
 その後アイテムを何か捨てると拾えるアイテムが変わることがあります。

☆ごく稀に宝石類が拾えることがあります。
 場所によって拾えるものは決まっている模様。
 出たら大切に懐へ。 

☆ゲルト海峡周辺の洞窟からリレミトを使うとルーラの到着地点に移動します。
 某有名なルートの鉱石ポイントで使うと1分縮まります。


■サポート仲間編
作戦は変更した直後に行動が変更されるので、
作戦をこまめに使い分けることで大分制御することができます。

☆攻撃対象の選定
 サポート仲間はHPの減ってる敵を優先的に狙います。
 戦闘開始直後に行動が遅れることを逆手にとって
 一発攻撃しておくと何から優先して狙うかを決定できます。

☆天使の守り・聖女の守りを使わせる
 「いろいろやろうぜ」にしましょう。
 強敵相手ではそれなりの頻度で使ってくれます。
 MP消費が激しいので注意が必要ですが。
 ちなみにこの作戦ならザキも使います。

☆「おれにまかせろ」の使い方
 「おれにまかせろ」にすると補助スキルのないキャラクターは行動待機状態になります。
 うまく使うと好きな時に待機・行動を選ぶことができます。

<例>
 武闘家A:スライム1確 モーモン2確
 武闘家B:スライム1確 モーモン1確
 スライムとモーモンが出た場合、
 Aに「おれにまかせろ」、Bに「ガンガンいこうぜ」としておき
 Bが攻撃モーションをとった瞬間にAに「ガンガンいこうぜ」にすれば
 無駄なく手早く1確で倒せます。


スポンサーサイト
2012/09/17 Mon. 16:28 | trackback: 0 | 本文: 0edit

這いよれ!ニャル子さん 最終回を迎えて 

這いよれ!ニャル子さんがついに終わってしまうので
記念に歌ってみました。

ネタにあふれる曲だからこそ真面目に歌ったら逆に面白い?
そんな気がしたので、萌えと燃えを頑張って盛り込んでみました。

コーラスは高音・低音をうまく活かせるように
いろんな曲を改めて聞いてMIXを工夫してみましたが
中・低音をこもらないようにかつ重厚感を出すにはまだまだ精進が必要なようです。

それなりに楽しげなものに仕上がった・・・かな


ちなみに動画では、
OPを何度も繰り返し見てたら、珠緒の登場時間が少ない気がしたので
コマ数を数えたところ切ない結果が・・・
結果は以下のとおり

1コマに髪とか指が映っていただけでもカウントしています。


キャラ名コマ数(30bps)秒数割合(%)
八坂真尋111331.742
ニャル子 
1176 
39.245
クー子
741
24.728
ハス太
696
23.227
余市健彦
403
13.4315
暮井珠緒
344
11.4713
シャンタッ君
211
7.038
作者
10
0.330.3
地球
217
7.238
八坂頼子
108
3.64
ルーヒー・ジストーン
106
3.534
全体
2624
87.47100




ニャル子は予想以上にいっぱい映っていたようで、約半分だったんですね。
珠緒より余市のほうが登場時間が長いとか・・・

しかし、毎週すっごく楽しみにしていたニャル子さんも今日で終わってしまうのですなぁ・・・・


2012/06/26 Tue. 22:14 | trackback: 0 | 本文: 0edit

収益と利益 

間違えやすい言葉を整理してみた。

・収益:売上高
      (商品やサービスを売ることで得た現金などの資産)

・利益:儲け
       (収益から費用を差し引いたもの、「損益」ともいう)
     以下の式が成り立つ。
     利益 = 収益 - 費用 

・収入:収益のうち、現金が絡むもの
2012/04/29 Sun. 12:43 | trackback: 0 | 本文: 1edit

シルバーバレットを歌ってみた 

ぺぺろんPさんの「シルバーバレット」を全身全霊を込めて歌ってみました。

ミックスボイスをコントロールできるようなるため、練習続けてはや数年。
ちょっとずつそれっぽくなってきた・・・気がします。
この声だとまだHiDまでなので課題はまだまだですが、
この曲くらいのキーはとても歌いやすいですね。
最後にアレンジでHiFを出してますが、裏声成分が強いミックスになってしまいます。


冒頭で再生回数200回といってますが、300回は確実に超えているはず。
ローソンも入れたらもっと・・・毎朝丁度聞けるのが嬉しいですね。

コーラスは原曲を初めて聞いた時にイメージしたものをそのまま踏襲できたつもりです。
最後のサビの両サイドで歌っている英語コーラスは
もう少し格好よいものにしたかったけど今はこれが限界ですね・・・

ちなみに音重視で作ったラストのコーラス部分は以下のとおり。
意味があってるかは微妙ですが、気持ちが大事と信じてそれっぽく。

 Waking , take him , act my part ,impassively
 (目覚め、銃を手に取り役割を果たす。無表情のままに)

 With my back to the braze, I shoot still silver bullet
 (紅蓮の炎を背に、静かにシルバーバレットを撃とう)

 Insight , my sin (will) be lying ,forever
 (辺りを見渡せば、いつまでも罪は土にまみれたまま  )

 I'll tell myself (that) I’ve ( still )lost you Ah
 (自分に言い聞かせる、ただ君を失っただけだと・・・)










2012/03/24 Sat. 23:19 | trackback: 0 | 本文: 0edit

超ひも理論について 

SF的に欠かせない、超ひも理論という言葉をちょいとまとめてみた。
難しいので、超概論。


■超ひも理論

『概要』
「ひも」を宇宙の最小構成要素とする。
古典物理学でも特に近代以前では、原子がすべての物質の最小単位としていたが、
現在、量子学的には、原子よりも小さいいくつもの素粒子(ニュートリノ、クォーク、中性子、電子など)がある。
超ひも理論では、これれの素粒子を構成する要素として「ひも」を考えるものである。
従来の物事の起点を「点」とするのではなく、「ひもの振動」で表す。


『大きさの比較』
原子      :約1.0e-8 m
中性子(電子):約1.0e-15 m
ひも      :約1.0e-35 m

宇宙のすべての力を数学的に表現しちゃおう!という夢のような理論。
とはいえ、実証されないのでまだ夢ですが。

『次元の考え方』
宇宙はもともと10次元であり、
現在は4次元(空間3次元+時間)のみ。
残りの6次元は量子力学の世界では観測もできないとする考え方。

また、さらに1次元を追加したM理論というものもある。


■M理論
M理論は、2次元の「膜」を構成要素とする考え方で、最大で11次元を考える。


素粒子の中には、光速を超えるものがあるかもしれないという実験結果もあり(検証に誤りがあったそうですが・・・)、目に見えない世界の研究もどんどん進んでいます。
このような理論も日の目を見る時がいつか来るかもしれないですね。
2012/03/17 Sat. 21:07 | trackback: 0 | 本文: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。